ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

MBTタンパク質反復配列

メチル-リジン結合:悪性脳腫瘍の反復配列

致死性悪性脳腫瘍の3つのMBT反復配列の構造

ドメイン結合および機能

MBT (Malignant Brain Tumor) リピートは、H3およびH4 ヒストンのN末端尾部のメチル化ペプチドに結合する、メチル-リジン結合モジュールであると推定されています。MBTリピートは、約100アミノ酸残基の長さを持ち、大部分の後生動物のプロテオームで見出されています。それぞれの反復配列は球形コアと伸長したアームから構成されています。ポリコーム群タンパク質h-I(3)MBTの3つのMBTリピートのアームの間にの指状の突起は、中央に空洞を持つ3葉のプロペラ構造を形成します。それぞれのリピート配列には、疎水性のリガンド結合ポケットがあります。

構造の参考文献

  1. Wang, W. K. et al. (2003) Structure 11, 775–789.

ドメインタンパク質の例

メチル-リジン結合:悪性脳腫瘍の反復配列

結合の例

MBTタンパク質 結合パートナー
CGI-72 モノメチル化修飾されたヒストンH3 lysine-4もしくはH4 lysine-20
L(3)MBTL モノメチル化修飾されたヒストンH3 lysine-4
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink