ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

PDZタンパク質ドメイン

その他:PDZドメイン

PSD-95由来の第3PDZドメイン

ドメイン結合および機能

PDZ (Postsynaptic density 95、PSD-95; Discs large、Dlg;Zonula occludens-1、ZO-1) ドメインは、最も高頻度に目にするドメインの1つで、およそ90アミノ酸残基から成る、多様なシグナル伝達タンパク質において類似の配列をもつ領域として同定されました。PDZドメインは、単一または複数のコピーとして存在し、ほとんどの場合、細胞質タンパク質にみられます。PDZドメインは6つのβストランドと2つのαヘリックスから成り、ぎっしり詰まった球状構造をとります。PTBやPHドメインと同様に、PDZドメインは共通のペプチド結合特異性を欠いていて、ペプチドや脂質と相互作用することができます。現在、4つの異なる種類のPDZ相互作用が存在しています。すなわち、ペプチドの中のC末端のモチーフの認識、ペプチドの中間部分のモチーフの認識、PDZ-PDZ間の二量体形成、そして脂質の認識です。さらに、C末端ペプチドと相互作用するPDZドメインは、特異性によって3つの別の種類に分類することができます。

構造の参考文献

  1. Doyle, D.A. et al. (1996) Cell 85(7), 1067–1076.

ドメインタンパク質の例

その他:PDZドメイン

結合の例

PDZドメインタンパク質 結合パートナー クラスタイプ
PSD-95 NMDAR2A,B
Shaker型 K+ チャンネル
クラスI:X-SまたはT-X-V
NHERFまたはEBP50 β2 –アドレナリン受容体 クラスI:X-SまたはT-X-L
CASK Neurexin, Syndecan クラスII:X-Ψ-X-Ψ
nNOS メラトニン受容体 クラスIII:X-DまたはE-X-Ψ
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink