ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

PHタンパク質ドメイン

リン脂質結合:PHドメイン

Ins(1,4,5)P3 () と結合したラットPLC δ1PHドメイン

ドメイン結合および機能

PH (Pleckstrin-homology) ドメインは、構造的に十分に解析されたおよそ120アミノ酸残基からなるモジュールで、細胞内輸送、細胞情報伝達、細胞骨格再構築に関与する非常に多様なシグナル伝達タンパク質にみられます。ヒトのプロテオームにはおよそ250のPHドメインがありますが、これらのすべてが、2つのほぼ直交するβシートから成る7本鎖βサンドイッチの折りたたみ構造を共通して持っています。このPHドメインのβ1/β2ループにある塩基性のアミノ酸残基は、ホスホイノシチドの頭部グループのリン酸基と、詳細に解析された結合部位を形成します。一部のPHドメインは、ホスファチジルイノシトール-4,5-ビスリン酸、PI-3、4-P2、あるいはPI-3,4,5-P3のような特異的なホスホイノシチドに高い親和性 (低µMまたはnMレベルのKd) で結合します。PHタンパク質は、ホスホイノシチドへの結合によって膜に局在化し、脂質メッセンジャーに応答したシグナルを下流の標的に伝達することができると考えられます。

構造の参考文献

  1. Ferguson, K.M. et al. (1995) Cell 83(6), 1037–1046.

ドメインタンパク質の例

リン脂質結合:PHドメイン

結合の例

PHドメインタンパク質 特定のホスホイノシチドリガンド
Phospholipase C-δ;mSos1、RasGAP;Tsk、pleckstrin PI-(4,5)-P2
Btk; Grp1 PI-(3,4,5)-P3
Akt; DAPP1; TAPP1 PI-(3,4)-P2
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink