ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

PWWPタンパク質ドメイン

その他:PWWPドメイン

哺乳類Dnmt3bのPWWPドメイン

ドメイン結合および機能

PWWPドメインは、WHS (Wolf-Hirschhorn Syndrome) に重大なゲノム領域にある遺伝子から同定されました。転移した型のWHSC1は、形質細胞腫としても知られるリンパ系多発性骨髄腫 (Multiple Myeloma;MM) 疾患に関与します。同定されたドメインは、中核となるプロリン-トリプトファン-トリプトファン-プロリン残基に基づいて、PWWPと名付けられました。約135アミノ酸残基から成るPWWPドメインは、酵母からヒトまでの真核生物の、2ダース程度のタンパク質でみられます。PWWPドメインのN末端の半分は、SANDドメインに似た樽状の5本のストランド構造を示し、一方、C末端部分は、5本のヘリックスの束でできています。PWWPドメインは、DNAのメチル化、DNA修復、転写調節に関与します。Dnmt3b2のPWWPドメインは、DNA結合の役割をもつと思われる塩基性表面を持っています。

構造の参考文献

  1. Qiu, C. et al. (2002) Nature Struct. Biology 9(3) 217–224.

ドメインタンパク質の例

その他:PWWPドメイン
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink