ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

SAMタンパク質ドメイン

その他:SAMドメイン

EphA4受容体のSAMドメイン

ドメイン結合および機能

SAM (Sterile α Motif) ドメインは、約70アミノ酸残基から成り、酵母からヒトまでの生物において、多様な細胞機能に関与する400種類以上の異なるタンパク質から同定されています。SAMドメインは、同種あるいは異種オリゴマーを形成することによって、タンパク質間相互作用を媒介すると考えられています。EphA4およびEphB2のSAMドメインのホモ二量体の境界面のアミノ酸残基がマッピングされていますが、特異性を決定する因子については未だ不明です。

構造の参考文献

  1. Stapleton, D. et al. (1999) Nat. Struct. Biol. 6(1), 44–49.

ドメインタンパク質の例

その他:SAMドメイン

結合の例

SAMドメインタンパク質 結合パートナー
ポリコーム群クロマチンリモデリングタンパク質:  
Scm ホモ型およびヘテロ型相互作用
Ph ホモ型およびヘテロ型相互作用
Rae 28 ホモ型およびヘテロ型相互作用
Ste11 酵母MAPKKK Ste50
Tel ETSファミリー転写因子 Tel
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink