ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

SNAREタンパク質ドメイン

小胞輸送:SNAREドメイン

Syntaxin-1A ()、Synaptobrevin-II () およびSNAP-25B (緑色) を含むラットシナプス融合複合体

ドメイン結合および機能

小胞が特異的な標的の膜と融合する機構には、高度に保存されたSNARE (Soluble NSF Attachment protein [SNAP] Receptors) と呼ばれるタンパク質セットが関与すると考えられます。SNAREタンパク質は、大部分 (あるいはすべて) の細胞の膜融合イベントに関与していると考えられています。ほとんどのSNAREタンパク質は、C末端が膜に固定された内在性膜タンパク質で、他のSNAREタンパク質のコイルドコイル相互作用に入って行くことができます。SNAREドメインは、すべてのSNAREタンパク質に共通する約60アミノ酸残基からなる相同ドメインです。このSNAREドメインは、SNAREタンパク質複合体の集合において、タンパク質間相互作用モジュールとして働きます。大部分が構造化していない単量体としてのSNAREモチーフは、集合してプロテアーゼ耐性のコア複合体を構築します。異なるSNAREファミリーメンバーが細胞全体に渡って別々の膜に分布していることから、それらはおそらく小胞輸送時の標的の決定に関与していると推測されます。しかしながら、SNAREのコア複合体の形成は、ほとんど特異性を持たず、むしろ乱雑なようです。

構造の参考文献

  1. Sutton, R.B. et al. (1998) Nature 395(6700), 347–353.

ドメインタンパク質の例

小胞輸送:SNAREドメイン

結合の例

SNARE複合体 複合体におけるSNAREドメインタンパク質
ラットシナプス融合SNARE複合体 Syntaxin-1A (Sx), Synaptobrevin-II (Sb), SNAP-25B
酵母のエキソサイトーシスのポストゴルジ体のSNARE複合体 Snc2, Sso1, Sec9
ラットエンドソームのSNARE複合体 Syntaxin-7, Vti 1b, Syntaxin 8
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink