ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

SPRYタンパク質ドメイン

その他:SPRYドメイン

SSB-2のSPRYドメインの構造

ドメイン結合および機能

SPRYドメインは元々、タマホコリカビ類およびウサギのリアノジン受容体の二重特異性キナーゼsplAにおける反復配列として発見されました。この約140アミノ酸残基のドメインは独特の立体配位を持つ2つの4本鎖から成る逆向き平行β-シートによって形成されるβ-サンドイッチ構造から成る、新規の折りたたみ構造をとります。B30.2ドメインとの組合せにより、これらの2つのドメインは免疫グロブリン様の折り畳み構造をとります。SSB-2のSPRYは、Par-4 (prostate apoptosis response protein-4) に結合しますが、一方、RanBPM、RanBP10、SSB-1のSPRYドメインはMETとの相互作用を媒介します。SPRYを含むタンパク質で見られる変異は、地中海熱やOpitz症候群の原因となることが示されています。

構造の参考文献

  1. Masters, S. L. (2006) Nature Struc. & Mol. Biology 13(1) 77–84.

ドメインタンパク質の例

その他:SPRYドメイン

結合の例

SPRYタンパク質 結合パートナー
SSB1, SSB2, SSB-4 Par-4
RanBPM, RanBP10 c-Met
Pyrin (Marenostrin)
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink