ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

SWIRMタンパク質ドメイン

クロマチンのリモデリング:SWIRMドメイン

転写アダプターADA2のSWIRMドメインの構造

ドメイン結合および機能

SWIRMは進化的に保存された真核生物のドメインで、クロマチンリモデリングと遺伝子発現に関連したタンパク質にみられます。これはおよそ85アミノ酸残基から成り、5つのヘリックスの束と、長い中央のヘリックスの周りに2つのヘリックス・ターン・ヘリックスモチーフを持つヒストン様の折り畳み構造で構成されます。ヘリックス・ターン・ヘリックスモチーフの互いに対する向きの変化が、SWIRMドメイン全体にわたる細胞機能の違いの原因になることがあります。ヒトADA2αとSMARC2のSWIRMドメインは、ヌクレオソームと2本鎖DNAの両方に結合することができます。ADA2αのSWIRMドメインは、リジンがアセチル化したヒストンH3と核内で局在が一致し、さらにヒストンH1が結合したヌクレオソームのリンカーDNAへ到達しやすくなり、その結果として、ACFリモデリング活性が上昇します。

構造の参考文献

  1. Qian, C. et al. (2005) Nature Struct. Biol. 12(12), 1078–1085.

ドメインタンパク質の例

クロマチンのリモデリング:SWIRMドメイン

結合の例

  • ADA2
  • SMARC2
  • LSD1
  • Swi3
  • Rsc8
  • Moira
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink