ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

実験のデザイン:免疫蛍光染色 (IF) におけるコントロールの設定

 

優れたコントロールを用いると、問題が生じたときに実験を軌道に戻すのに役立ち、結果に自信を持つことができます。このTech Tipでは、Ginnyが免疫蛍光染色 (IF) 実験のための3種類のコントロール、ポジティブコントロール、内因性コントロール、およびネガティブコントロールについてお話しします。コントロールを使用することで、目的のタンパク質からどのような種類の染色が予想されるかを把握したり、細胞サンプルや組織サンプルの健康状態を示したり、顕微鏡のセットアップのトラブルシューティングに役立てたりすることができます。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink