ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

がん免疫の解読:がん免疫応答の細胞機構を標的化する

 

演者:Elizabeth M. Jaffe医学博士 (ジョンズ・ホプキンズ大学)、Matthew Galsky医学博士 (マウントサイナイ医科大学)

がんは、免疫細胞、血管系、さらには細菌さえも取り込んだ、複雑な細胞活動の結節点と言えます。がんの微小環境とそこに含まれる様々なタイプの免疫細胞の理解を深めることが、より有効性の高いがん治療法を開発する上で重要であることが明らかになりつつあります。特に、T細胞のシグナル伝達機構を標的とした免疫療法は、多くの患者に有効であることが示されています。しかし、このような技術が成功しているのは、一部の人だけであり、わずか数種のがんに対してのみです。免疫療法の対象をより広範囲に拡げるため、免疫細胞の活性化や、がんのチェックポイントの回避を制御する分子シグナル伝達スイッチを詳細に解析する必要があります。演者は主要なシグナル伝達機構を説明し、がんの微小環境において、免疫細胞の活性化や制御にどのように利用できるかについて言及します。

T細胞、樹状細胞、マクロファージ、NK細胞、MDSCの、系統特異的なマーカーについては、以下のガイドをご参照ください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink