ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

内因性およびタグ付加タンパク質モデルを使用した、共免疫沈降によるタンパク質相互作用の検証

 

免疫沈降 (IP) は、抗体の特異性を利用してサンプル中のタンパク質を濃縮したり、タンパク質とその他の高分子との相互作用を研究するために利用されます。このプレゼンテーションでは、共免疫沈降 (co-IP) の一般的なワークフローと、実験を始める前に考慮すべきこと、例えば以下のような内容についてご紹介します:

  • モデルシステムの選択;
  • 細胞溶解バッファーの選択、およびどの段階でライセートのプレクリアを行うか;
  • 一次抗体の希釈と適切なビーズの選択;
  • IgGの重鎖と軽鎖によるマスキングをどのように軽減するか;
  • エピトープタグを利用したIP:その利点と最適化のための重要なポイントについて;
  • 翻訳後修飾をターゲットとするIP実験でのコントロールの取り方。

IP実験のセットアップについてのより詳しいガイドは、こちらのTech Tipsをご覧ください:免疫沈降用の抗体の選び方

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink