ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

骨髄性免疫抑制の機構:シングルおよびマルチプレックス免疫組織化学染色 (IHC) を用いた腫瘍微小環境の機能的な特性の評価

 

浸潤性の骨髄性細胞は、免疫抑制的な腫瘍微小環境 (TME) の重要な構成因子となっており、治療の不成功の原因ともなっています。抗腫瘍免疫応答の力を利用するためには、TMEにおける免疫調節状況を理解する必要があります。ここでは、TMEを状況を考慮した方法でより良く理解するためのソリューションをご紹介します。高度に検証された抗体を用いた免疫組織化学染色技法は、7色のTSAベースマルチプレックスパネルと、単色または二重プレックス発色による染色を使い、様々な種類の腫瘍内のバイオマーカーの発現を可視化します。徹底的に検証されたアルギナーゼ1IDO1モノクローナル抗体により、表現型マーカー解析に免疫抑制性TMEの機能性リードアウトがプラスアルファされます。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink