ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

迅速な創薬のためのカスタム・プロテオミクスソリューション

 

プロテオミクス研究は、初期から中期の創薬と開発の努力を前進させるために応用できます。全プロテオームから、翻訳後修飾解析へ、シグナル伝達経路の解明へと、プロテオミクス研究は有効性を増加し、ターゲット/バイオマーカー特定と、作用機序とオフターゲット効果の理解のためのスケジュールを短縮します。

プロテオミクサービスのページでカスタム化プロテオミクスソリューションの全てを探索してください。

発表者: Cell Signaling Technology社、Proteomics and Services、副所長、Matthew P. Stokeshakusi博士

このウエビナーは治療薬の創薬と開発に焦点を当てている科学者を対照とします。

創薬パイプラインでのあなたの仕事

  • ターゲットの特定
  • スクリーニング
  • ヒットからリードへ

あなたが直面する困難:

  • 候補化合物を次のステージに移行するための時間のプレッシャー
  • あなたが(まだ)学んでいなかった生物学の分野の自己学習
  • go/no-go判断を下すための十分なデータを有すること
  • あなたが頼りにするデータに再現性があることを確実にすること

あなたが学ぶこと:

  • あなたの化合物で処理したときにサンプル中の数千のタンパク質の挙動の観察と解釈の方法
  • 治療的反応における翻訳後修飾の役割
  • プロテオミクスデータが、実験デザイン、アッセイ開発とバイオマーカー発見を、どのように助けるか
  • あなたの創薬と開発に外部の専門家を活用する方法
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink