ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

より良いIHC ステップ4:発色基質

 

前へ ステップ3:検出試薬

免疫組織化学染色 (IHC) において、発色基質は検出試薬に結合した西洋ワサビペルオキシダーゼ (HRP) と相互作用して、光学顕微鏡で観察される色のついた沈殿物として堆積します。様々な色を様々な強度で発色する、いくつかの発色基質が利用できます。実験のデザインに当たっては、対比染色に対して適切なコントラストを持ち、検出しようとしている抗原を明らかにするのに十分な強度を示す発色試薬を選択します。

以前はPLK1 Rabbit mAbの試験に、明るい赤色の沈殿を生成させるVector NovaREDを発色基質として使用していました。しかし、NovaREDでは十分なシグナルが得られなかったため、より強いダークブラウンを発するDABに切り替えました。

さらなるヒントについては、免疫組織化学染色を成功させるためのCSTガイドをダウンロードしてください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink