ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

細胞周期の解読:がんの細胞周期調節の役割

 

演者:Gary Schwartz博士 (ハーバート・アーヴィング総合がんセンター)、J. Julian Blow博士 (ダンディー大学)

がんの根本的な特性は、無秩序な細胞分裂です。このプロセスを理解するために、細胞周期の調節を制御するシグナル伝達タンパク質の特性解析がフォーカスされてきました。特定のサイクリン依存性キナーゼ (CDK) とその活性化サブユニットであるサイクリンは、細胞周期の進行や細胞周期のチェックポイントを制御しており、無秩序な細胞分裂や腫瘍の成長を抑制する機会を提供します。このため、これらは有力な治療標的となります。近年、エストロゲン受容体陽性/HER2陰性乳がんで、FDAに認可された、CDK4/6を介して細胞周期のG1/Sチェックポイントを標的にする治療法が成果を上げています。新薬の試験だけでなく、さまざまなタイプのがんにおける組み合わせ療法の効果を調べるために、多くの臨床試験が行われています。この講演で、演者は主要な細胞周期タンパク質の間の複雑な相互作用や、治療的介入でこれらの活性を標的として一般的ながんと戦う方法を説明します。

このビデオでは次のような内容が取り上げられています

  • CDKによる細胞周期調節の研究の刺激的な進歩
  • 新規CDK阻害剤とその他治療薬と組み合わせてがんを標的とする方法
  • さまざまなタイプのがんにおける重要な細胞周期シグナル伝達経路の類似点と相違点

がん免疫の解読シリーズPart 1はこちら:がん免疫応答の細胞機構を標的化する

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink