ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

より良いIHC ステップ2:抗体の希釈

 

前へ ステップ1:抗原賦活化

「免疫組織化学染色の改善」シリーズのステップ2は、一次抗体の希釈を取り上げます。

優れた免疫組織化学染色 (IHC) プロトコールは、特異的な結合が起こるための適切な条件を提供します。よって、検出しようとしている特定の抗原とエピトープの間の相互作用に対して、抗体希釈液のイオン強度とpHを調整することが重要です。これにはTBSTがよく用いられます。これは生理的なpHの近辺で緩衝化されており、生理食塩水と等張です。

この条件は、免疫系相互作用の自然な過程で抗体と抗原が遭遇する環境に似せたものです。この結果、TBSTはリン酸化EGF受容体に対する抗体など、多数の抗体に対してよく機能します。しかし、すべての抗体に機能するわけではありません。

次へ ステップ3:検出試薬

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink