ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

アポトーシス阻害

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
アポトーシス阻害

パスウェイの説明:

細胞が生存するためには積極的にアポトーシスを抑制することが必要であり、アポトーシス促進因子の発現を阻害すると同時に、抗アポトーシス因子の発現を促進しています。PI3K経路は多くの生存因子によって活性化され、これによって細胞生存のシグナル伝達において重要な役割を担うAktが活性化されます。PTENはPI3K/Akt経路を負に制御します。活性化したAktはアポトーシス促進因子であるBcl-2ファミリーに属するBad、Bax、Caspase-9、GSK-3、FoxO1をリン酸化し、阻害します。多くの成長因子およびサイトカインは抗アポトーシス因子であるBcl-2ファミリーの発現を誘導します。JakとSrcはStat3をリン酸化することで活性化し、さらに活性化Stat3はBcl-xLとBcl-2の発現を誘導します。Erk1/2とPKCがp90RSKを活性化することによってCREBが活性化され、この経路もBcl-xLとBcl-2の発現を誘導します。これらBcl-2ファミリーのメンバーは、ミトコンドリアの完全性を保ち、シトクロムcの放出や、それに続くCaspase-9の活性化を防ぎます。TNF-αはアポトーシス促進経路、および抗アポトーシス経路の両方を活性化する可能性があります。すなわち、TNF-αはCaspase-8およびCaspase-10を活性化することでアポトーシスを誘導しますが、NF-κBを介してアポトーシスを阻害することもできます。NF-κBは、Bcl-2などの抗アポトーシス遺伝子の発現を誘導します。cIAP1/2は、TRAF2に結合することでTNF-αシグナルを阻害します。FLIPはCaspase-8の活性化を阻害します。

参考文献:

この図をレビューして下さった、ハーバード大学医学大学院 (マサチューセッツ州、ボストン) のJunying Yuan教授に感謝いたします。

作成日:2008年9月

改訂日:2012年11月

アセチル化酵素
アセチル化酵素
代謝酵素
代謝酵素
アダプター
アダプター
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
アダプター
アポトーシス/オートファジー調節因子
ホスファターゼ
ホスファターゼ
細胞周期の調節因子
細胞周期の調節因子
タンパク質複合体
タンパク質複合体
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
転写因子あるいは翻訳因子
転写因子あるいは翻訳因子
GTPase/GAP/GEF
GTPase/GAP/GEF
受容体
受容体
キナーゼ
キナーゼ
その他
その他
 
直接的プロセス
直接的プロセス
一時的なプロセス
一時的なプロセス
転座プロセス
転座プロセス
刺激型修飾
刺激型修飾
阻害型修飾
阻害型修飾
転写修飾
転写修飾
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink