ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

ホスホリパーゼのシグナル伝達

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
ホスホリパーゼのシグナル伝達

Phosphoinositide-specific phospholipase C (PLC) は、膜貫通シグナル伝達において重要な役割を担っています。PLC、ホルモンや成長因子、神経伝達物質などの細胞外の刺激に応答して、」Phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate (PIP2) を加水分解し、セカンドメッセンジャーであるInositol 1,4,5-triphosphate (IP3) やDiacylglycerol (DAG) を生成します。現在確認されているPLCファミリーは少なくとも4種類で、PLCβ、PLCγ、PLCδ、PLCεです。PLCの活性は、大部分がリン酸化によって制御されています。例えば、PKAやPKCによるPLCβ3 (Ser1105) のリン酸化は活性を阻害しますが、受容体 (EGFR) と非受容体チロシンキナーゼ (Syk) によるPLCγ (Tyr771、Tyr783、Tyr1245) のリン酸化は活性化につながります。加えて、PLCβサブファミリーのメンバーは、ヘテロ三量体Gタンパク質のαまたはβ/γサブユニットによって活性化され、GPCRシグナル伝達カスケードにおいて重要な役割を担っています。

アセチル化酵素
アセチル化酵素
代謝酵素
代謝酵素
アダプター
アダプター
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
アダプター
アポトーシス/オートファジー調節因子
ホスファターゼ
ホスファターゼ
細胞周期の調節因子
細胞周期の調節因子
タンパク質複合体
タンパク質複合体
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
転写因子あるいは翻訳因子
転写因子あるいは翻訳因子
GTPase/GAP/GEF
GTPase/GAP/GEF
受容体
受容体
キナーゼ
キナーゼ
その他
その他
 
直接的プロセス
直接的プロセス
一時的なプロセス
一時的なプロセス
転座プロセス
転座プロセス
刺激型修飾
刺激型修飾
阻害型修飾
阻害型修飾
転写修飾
転写修飾
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink