ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>
9806
RIPA Buffer (10X)
Buffers & Dyes
Buffer

RIPA Buffer (10X) #9806

Reviews ()
Citations (0)
RIPA Buffer (10X): Image 1

Product Usage Information

1. If buffer will be continually used, it is recommended that the 10X buffer be kept at 4°C for 1-2 weeks. For longer periods of time, buffer should be stored at –20°C. Aliquoting of 10X buffer is recommended if many small experiments are to be performed.

2. Thaw 10x buffer at 24-30°C, mixing end-over-end.

3. Dilute 10X RIPA Buffer to a 1X solution using ddH2O. This product supplies enough 10X material to make 150mls of whole cell extract.

4. Chill 1X buffer on ice and add PMSF just prior to use.

Note: CST recommends adding 1 mM PMSF immediately before use.

Lysis:

For lysis of adherent cells, we recommend the following: (all reagents and lysates must be kept cold).

1. Treat cells as desired.

2. Wash plate with PBS to remove residual media.

3. Add 400 µl of 1x RIPA buffer/10 cm dish.

4. Incubate plate on ice for 5 minutes.

5. Scrape cells.

6. Sonicate briefly.

7. Centrifuge extract for 10 minutes at 14,000 x g in a cold microfuge.

8. Remove supernatant for use.

Additional notes:

1. For non-adherent cells, add 400 µl of buffer per 107cells once they have been washed in 1X PBS and pelleted.

2. 1X RIPA Buffer can be used for lysis of tissue samples, although a homogenization step is recommended after adding lysis buffer. Extract the tissue at a ratio of 100 mg of tissue to 1 ml of buffer. Sonication of the tissue lysate is also required.

3. Additional protease inhibitors can be added to the 1x lysis buffer without any difficulties.

4. Aggregation may be present in this buffer upon arrival due to the high concentrations of reagents included at the supplied 10X formulation. At times, the aggregation persists despite warming to room temperature. We recommend warming the buffer to 37°C for 15 minutes and mixing to help eliminate the precipitate. Alternatively,diluting the 10X RIPA with ddH2O to at least 5X will yield a precipitate-free solution. Once diluted, it can be aliquoted and stored at -20°C for future use.

Solutions and Reagents

20 mM Tris-HCl (pH 7.5), 150 mM NaCl, 1 mM Na2EDTA, 1 mM EGTA, 1% NP-40, 1% sodium deoxycholate, 2.5 mM sodium pyrophosphate, 1 mM beta-glycerophosphate, 1 mM Na3VO4, 1 µg/ml leupeptin.

Note: CST recommends adding 1 mM PMSF immediately before use.

Storage

Store at -20°C

Product Description

RIPA buffer is used to lyse cells and tissues.

使用に関する制限

法的な権限を与えられたCSTの担当者が署名した書面によって別途明示的に合意された場合を除き、 CST、その関連会社または代理店が提供する製品には以下の条件が適用されます。お客様が定める条件でここに定められた条件に含まれるものを超えるもの、 または、ここに定められた条件と異なるものは、法的な権限を与えられたCSTの担当者が別途書面にて受諾した場合を除き、拒絶され、 いかなる効力も効果も有しません。

研究専用 (For Research Use Only) またはこれに類似する表示がされた製品は、 いかなる目的についても FDA または外国もしくは国内のその他の規制機関により承認、認可または許可を受けていません。 お客様は製品を診断もしくは治療目的で使用してはならず、また、製品に表示された内容に違反する方法で使用してはなりません。 CST が販売または使用許諾する製品は、エンドユーザーであるお客様に対し、使途を研究および開発のみに限定して提供されるものです。 診断、予防もしくは治療目的で製品を使用することまたは製品を再販売 (単独であるか他の製品等の一部であるかを問いません) もしくはその他の商業的利用の目的で購入することについては、CST から別途許諾を得る必要があります。 お客様は以下の事項を遵守しなければなりません。(a) CST の製品 (単独であるか他の資材と一緒であるかを問いません) を販売、使用許諾、貸与、寄付もしくはその他の態様で第三者に譲渡したり使用させたりしてはなりません。また、商用の製品を製造するために CST の製品を使用してはなりません。(b) 複製、改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、 分解または他の方法により製品の構造または技術を解明しようとしてはなりません。また、 CST の製品またはサービスと競合する製品またはサービスを開発する目的で CST の製品を使用してはなりません。(c) CST の製品の商標、商号、ロゴ、特許または著作権に関する通知または表示を除去したり改変したりしてはなりません。(d) CST の製品をCST 製品販売条件(CST’s Product Terms of Sale) および該当する書面のみに従って使用しなければなりません。(e) CST の製品に関連してお客様が使用する第三者の製品またはサービスに関する使用許諾条件、 サービス提供条件またはこれに類する合意事項を遵守しなければなりません。

For Research Use Only. Not For Use In Diagnostic Procedures.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
To Purchase # 9806S
製品番号 サイズ 価格 在庫
9806S
15 ml

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink