Buy 3 Get 4th Freeキャンペーン実施中 | 詳細はこちら >>

カスタムペプチドとコントロール

カスタムペプチドとコントロール

ペプチド

Cell Signaling Technology (CST) は、お客様のアッセイにおける抗体反応性の特異性を評価するために使用できる、既製品およびカスタム合成のブロッキングペプチドをご提供しています。CSTはカスタムAQUAペプチドの合成も専門としており、難易度の高い配列や、希少な翻訳後修飾にも対応しています。

IHCコントロールスライド

陽性/陰性の結果を正しく評価するには、シグナルの強度、バックグラウンド、局在性など、染色から得られる情報を総合的に判断する必要があります。コントロールスライドは、染色試薬やIHC技法のパフォーマンスを評価するための、貴重なツールの1つです。弊社のカスタムIHCコントロールスライドは、陽性細胞と陰性細胞のペレットを、ホルマリン固定してパラフィン包埋 (FFPE) したもので、各セットが5枚のスライドを含みます。

ブロッキングペプチドに関するお問い合わせはこちら

ブロッキング・ペプチドのリクエストフォーム

IHCコントロールスライド、AQUAペプチドに関するお問い合わせはこちら

カスタム製品リクエストフォーム

使用に関する法的な記述:AQUAペプチド

I. NOTICE to NOT-FOR-PROFIT or ACADEMIC PURCHASER

Purchase of this peptide product includes a license to use this product in the practice of methods described in United States Patent Application Ser. No. 60/312,279 and PCT US02/25778 (Gygi et al., Harvard University; PROTEIN-AQUA™ methodology/technology) for research purposes only, and the purchase price includes an allowance for payment to Harvard University of its standard royalty for such license. Licenses for the practice of the methods for other non-research purposes may be sought directly from the owner of the technology:

Harvard University

Office of Technology Licensing

Building A, Room 414

25 Shattuck Street

Boston, MA 02115

II. NOTICE to FOR-PROFIT PURCHASER

The purchase of this peptide product does not include a license to use this product in the practice of methods described in United States Patent Application Ser. No. 60/312,279 and PCT US02/25778 (Gygi et al., Harvard University; PROTEIN-AQUA™ methodology/technology). Licenses for the practice of such methods must be sought directly from the owner of the technology:

Harvard University

Office of Technology Licensing

Building A, Room 414

25 Shattuck Street

Boston, MA 02115

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink