ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

TMT™標識と検出

TMT Thermo

消化されたタンパク質サンプルはそれぞれ独自のTMT™タグで標識されます。サンプルは分画、精製され、液体クロマトグラフィーに供されます。(図はThermo Fisher Scientificのご厚意による)。

BRP分画

質量分析の前に、塩基性逆相液体クロマトグラフィー (bRP-HPLC) からの分画を収集し非連続的にプールすることにより、カバー深度が改善されます。

Orbitrap™ Fusion™システムでのみ利用可能なマルチノッチMS3定量法により、他に例を見ない正確なTMT™定量が可能になります。マルチノッチMS3によって、混入したレポーターイオンの干渉によりタンパク質発現の倍率変化を低く見積もってしまうという、従来のMS2法で起こる落とし穴が避けられます (1, 2)。これは、複数のMS2フラグメントの同期した前駆イオンの選択 (SPS) と、共単離・共フラグメント化により達成され、前駆イオンの捕捉、シグナル強度、ダイナミックレンジ、および解析の精度が上昇します。これは最終的に、より多くのタンパク質が同定され正確に定量されることを意味します。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink