ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

ウェスタンブロットと免疫沈降におけるエピトープタグの利用

 

エプトープタグは、少数のアミノ酸からなる既知のエピトープを遺伝子工学によって組換えタンパク質に融合させる方法です。エピトープタグを利用することで、タンパク質の標識と免疫アッセイでの検出が可能になるため、抗体がまだ入手不可能な新規のタンパク質や、抗体への反応性の低いタンパク質、存在量の少ないタンパク質の研究に特に有用です。このLearning Lab LIVE!プレゼンテーションとQ&Aセッションでは、ウェスタンブロット (WB) と免疫沈降 (IP) において、エピトープタグと抗体をどのように組み合わせて利用できるかについてお話します。

以前のLearning Lab LIVE!セッション:内因性およびタグ付加タンパク質モデルを使用した、共免疫沈降によるタンパク質相互作用の検証をご覧ください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink