ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

マスサイトメトリー用キャリアフリー抗体

Cell Signaling Technology (CST) は、高度にマルチプレックス化した単一細胞解析やイメージングに使用する、キャリアフリー抗体を提供しています。これらの抗体は:

  • 関連アプリケーションにおいて、特異性、感度、再現性を検証済みです
  • 重金属の標識に干渉するBSAなどのキャリアタンパク質を含みません
  • 標識に必要な高濃度 (> 1 mg/mL) でご提供します

入手可能な標的と価格に関する追加情報はこちらからご確認ください:

今すぐリクエストする

CyTOF® Mass CytometryとMaxPar® Metal Labelingに用いる抗体の選択

フローサイトメトリーや、蛍光色素を利用したマルチプレックス免疫組織化学染色 (IHC) などで、複数のマーカーを同時解析する場合、複数の抗体を使用する必要があります。細胞や組織サンプルの解析に同時に使用できる蛍光色素の数は、スペクトルの重複によって制限されます。また、シグナル強度が弱い場合は組織の自家蛍光が蛍光IHC解析の障害となります。個々の蛍光を増幅しながら染色を繰り返す手法 (例えばチラミドを利用した手法) で組織イメージングのシグナル強度は改善されますが、実験操作の間に不安定なエピトープが損傷する可能性があるため、十分な条件検討が必要です。

CyTOF® (飛行時間型質量分析) の利点

マスサイトメトリーはフローサイトメトリーやIHCのアプリケーションで複数のパラメーターを同時解析するのに優れた手法で、金属安定同位体で標識した抗体 (例えば、MaxPar®​標識キットを用いてレアメタルで標識した抗体) を用います。蛍光色素に比べ、重金属同位体同士のスペクトルの重複は非常に狭く、同一の細胞や組織から30以上のタンパク質を同時にプロファイリングすることができます。マスサイトメトリーやCyTOF®は、TOF-MS (飛行時間型質量分析) を用いて細胞機能 (シグナル伝達など) や表現型の解析を行います。イメージングマスサイトメトリー (Imaging Mass Cytometry​)は、CyTOF®とイメージング技術を組み合わせたものです。Hyperion (Fluidigm製) などのイメージングサイトメーターは、FFPEや凍結組織サンプル中の数十ものバイオマーカーを同時にイメージングすることができ、組織の構造、タンパク質共局在性、細胞の相互作用などに関する情報を得ることができます。

検証済み抗体の重要性

金属標識する抗体を選択する際には、事前に関連アプリケーションで検証を済ませたものを用いると、最良の結果が得られる可能性が高くなります。CST抗体は厳格に検証されており、特異性が確認されているので、再現性と信頼性の高い結果が得られます。Helios (Fluidigm製) などの単一細胞のマスサイトメトリーには、CSTの各種フローサイトメトリー検証済み抗体をご利用いただけます。Imaging Mass Cytometryに使用する抗体は、解析するサンプルの調製方法に応じて選択する必要があります。FFPEサンプルには、CSTのIF-parafinまたはIHC検証済み抗体をご利用いただけます。凍結組織dサンプルには、IF-frozen検証済み抗体がご利用いただけます。

CSTの高品質な抗体製品ラインナップをぜひご利用ください。これらの抗体は:

  • 金属標識にそのまま使用できるキャリアフリー抗体です
  • 高濃度 (>1 mg/mL) でご提供します
  • フローサイトメトリーやIHCなど関連アプリケーションで検証済みです

入手可能な標的と価格に関する追加情報はこちらからご確認ください:

今すぐリクエストする

参考文献:

  1. Gonzalez VD, Samusik N, Chen TJ, Savig ES, Aghaeepour N, Quigley DA, Huang YW, Giangarrà V, Borowsky AD, Hubbard NE, Chen SY, Han G, Ashworth A, Kipps TJ, Berek JS, Nolan GP, Fantl WJ (2018). Commonly Occurring Cell Subsets in High-Grade Serous Ovarian Tumors Identified by Single-Cell Mass Cytometry. Cell Rep. 22(7), 1875-88.
  2. Schulz D, Zanotelli VRT, Fischer JR, Schapiro D, Engler S, Lun XK, Jackson HW, Bodenmiller B (2018). Simultaneous Multiplexed Imaging of mRNA and Proteins with Subcellular Resolution in Breast Cancer Tissue Samples by Mass Cytometry. Cell Syst. 6(1), 25-36

Cell Signaling Technology®は、Cell Signaling Technology, Inc.の商標です。

CyTOF®, Helios, Hyperion, Imaging Mass Cytometry, and MaxPar® are trademarks of Fluidigm, Inc.

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink