注目情報はこちら >>
2222
Anisomycin
Activators & Inhibitors
Chemical Modulators

Anisomycin #2222

Reviews ()
Citations (0)
Anisomycin: Image 1
Western blot analysis of extracts from 293T cells, treated with Anisomycin (25 μg/ml) for the indicated times, with or without pretreatment with JNK inhibitor SP600125 (50 μM, 40 min; +), using Phospho-JunB (Thr102/Thr104) (D3C6) Rabbit mAb #8053 (upper) or JunB (C37F9) Rabbit mAb #3753 (lower).
Anisomycin: Image 2
Western blot analysis of extracts from Jurkat cells, serum-starved overnight, pretreated with the indicated concentrations of SB202190 for 1 hr, and subsequently treated with Anisomycin (25 μg/ml, 30 min; +), using Phospho-p38 MAPK (Thr180/Tyr182) (D3F9) XP® Rabbit mAb #4511 (upper) or p38 MAPK Antibody #9212 (lower).
Anisomycin: Image 3
Chemical structure of anisomycin.

Product Usage Information

Anisomycin is supplied as a lyophilized powder. For a 25 mg/ml stock, reconstitute the 10 mg in 400 µl DMSO. Working concentrations and length of treatments vary depending on the desired effect, but it is typically used at 5-50 µg/ml for 5-60 minutes. Soluble in DMSO or MeOH.

Storage

Store lyophilized at -20C. Protect from light. In lyophilized form, the chemical is stable for 24 months. Once in solution, use within 1 month and store at -20C. Aliquot to avoid multiple freeze/thaw cycles.

Product Description

Molecular Weight 265.3 g/mol
Purity >98%
Molecular Formula C14H19NO4
CAS 22862-76-6
Solubility Soluble in DMSO at 100mg/ml and MeOH at 50mg/ml.

Background

Anisomycin, an antibiotic produced by Streptomyces griseolus and S. roseochromogenes, was originally described to inhibit protein-protein synthesis at the translational level (1). More recently, it is has been well characterized to strongly activate the stress kinases SAPK/JNK and p38 MAPK, as well as p70/85 S6 kinase in mammalian cells, which results in the rapid induction of immediate-early (IE) genes, such as c-fos, fosB, c-jun, JunB, and JunD (1). Investigators have demonstrated that anisomycin acts as a potent signaling agonist, synergizing with growth factors and phorbol esters to superinduce these IE genes (1,2). Research studies have demonstrated that anisomycin induces apoptosis in many cancer cell lines (3-5).
  1. Hazzalin, C.A. et al. (1998) Mol Cell Biol 18, 1844-54.
  2. Kardalinou, E. et al. (1994) Mol Cell Biol 14, 1066-74.
  3. Kochi, S.K. and Collier, R.J. (1993) Exp Cell Res 208, 296-302.
  4. Törocsik, B. and Szeberényi, J. (2000) Biochem Biophys Res Commun 278, 550-6.
  5. Curtin, J.F. and Cotter, T.G. (2002) Br J Cancer 87, 1188-94.

使用に関する制限

法的な権限を与えられたCSTの担当者が署名した書面によって別途明示的に合意された場合を除き、 CST、その関連会社または代理店が提供する製品には以下の条件が適用されます。お客様が定める条件でここに定められた条件に含まれるものを超えるもの、 または、ここに定められた条件と異なるものは、法的な権限を与えられたCSTの担当者が別途書面にて受諾した場合を除き、拒絶され、 いかなる効力も効果も有しません。

研究専用 (For Research Use Only) またはこれに類似する表示がされた製品は、 いかなる目的についても FDA または外国もしくは国内のその他の規制機関により承認、認可または許可を受けていません。 お客様は製品を診断もしくは治療目的で使用してはならず、また、製品に表示された内容に違反する方法で使用してはなりません。 CST が販売または使用許諾する製品は、エンドユーザーであるお客様に対し、使途を研究および開発のみに限定して提供されるものです。 診断、予防もしくは治療目的で製品を使用することまたは製品を再販売 (単独であるか他の製品等の一部であるかを問いません) もしくはその他の商業的利用の目的で購入することについては、CST から別途許諾を得る必要があります。 お客様は以下の事項を遵守しなければなりません。(a) CST の製品 (単独であるか他の資材と一緒であるかを問いません) を販売、使用許諾、貸与、寄付もしくはその他の態様で第三者に譲渡したり使用させたりしてはなりません。また、商用の製品を製造するために CST の製品を使用してはなりません。(b) 複製、改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、 分解または他の方法により製品の構造または技術を解明しようとしてはなりません。また、 CST の製品またはサービスと競合する製品またはサービスを開発する目的で CST の製品を使用してはなりません。(c) CST の製品の商標、商号、ロゴ、特許または著作権に関する通知または表示を除去したり改変したりしてはなりません。(d) CST の製品をCST 製品販売条件(CST’s Product Terms of Sale) および該当する書面のみに従って使用しなければなりません。(e) CST の製品に関連してお客様が使用する第三者の製品またはサービスに関する使用許諾条件、 サービス提供条件またはこれに類する合意事項を遵守しなければなりません。

For Research Use Only. Not For Use In Diagnostic Procedures.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
All other trademarks are the property of their respective owners. Visit our Trademark Information page.
To Purchase # 2222
製品# サイズ 数量 価格 在庫
2222S
10 mg

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink