ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>
8584
β-Actin (13E5) Rabbit mAb (Alexa Fluor® 647 Conjugate)
標識抗体
モノクローナル抗体

β-Actin (13E5) Rabbit mAb (Alexa Fluor® 647 Conjugate) #8584

Reviews ()
Citations (1)
Filter:
  1. IF
  2. F

Confocal immunofluorescent analysis of COS-7 cells using β-Actin (13E5) Rabbit mAb (Alexa Fluor® 647 Conjugate) (blue pseudocolor). 赤色はPropidium Iodide (PI)/RNase Staining Solution #4087による染色像です。

Flow cytometric analysis of Hela cells using β-Actin (13E5) Rabbit mAb (Alexa Fluor® 647 Conjugate) (solid line) compared to concentration-matched Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control (Alexa Fluor® 647 Conjugate) #2985 (dashed line).

To Purchase # 8584S
製品番号 サイズ 価格 在庫
8584S
100 µl  (50 tests)

Supporting Data

REACTIVITY H M R Mk B Pg
SENSITIVITY Endogenous
MW (kDa)
Source/Isotype Rabbit IgG

Application Key:

  • W-Western
  • IP-Immunoprecipitation
  • IHC-Immunohistochemistry
  • ChIP-Chromatin Immunoprecipitation
  • IF-Immunofluorescence
  • F-Flow Cytometry
  • E-P-ELISA-Peptide

Species Cross-Reactivity Key:

  • H-Human
  • M-Mouse
  • R-Rat
  • Hm-Hamster
  • Mk-Monkey
  • Mi-Mink
  • C-Chicken
  • Dm-D. melanogaster
  • X-Xenopus
  • Z-Zebrafish
  • B-Bovine
  • Dg-Dog
  • Pg-Pig
  • Sc-S. cerevisiae
  • Ce-C. elegans
  • Hr-Horse
  • All-All Species Expected

Product Description

This Cell Signaling Technology antibody is conjugated to Alexa Fluor® 647 fluorescent dye and tested in-house for direct flow cytometry and immunofluorescent analysis in human and monkey cells, respectively. The antibody is expected to exhibit the same species cross-reactivity as the unconjugated β-Actin (13E5) Rabbit mAb #4970.

製品概要

アプリケーション 希釈率
免疫蛍光染色 (免疫細胞染色) 1:50
フローサイトメトリー 1:50

保存

Supplied in PBS (pH 7.2), less than 0.1% sodium azide and 2 mg/ml BSA. 4℃で保存してください。Do not aliquot the antibody. 遮光してください。Do not freeze.

プロトコール

印刷する

View >Collapse >

免疫蛍光染色 (免疫細胞染色)

A. 溶液および試薬

注意:溶液は、RODI (逆浸透膜濾過脱イオン) 水または同等の精製水で調製してください。

  1. 20X Phosphate Buffered Saline (PBS):(#9808) 1X PBS 1 Lを用意する場合は、20X PBS 50 mLを精製水 (dH2O) 950 mLに加え、混ぜ合わせてください。pHを8.0に調整してください。
  2. ホルムアルデヒド:16%、メタノール不含、Polysciences, Inc. (cat# 18814)、新しいものを使用し、開封した瓶は暗所で4℃で保存してください。使用する際は1X PBSで希釈してください。
  3. メタノール、100%
  4. ブロッキングバッファー​ (1X PBS/5% Normal Goat Serum (#5425)/0.3% Triton™ X-100):10 mLを用意する場合は、正常ヤギ血清0.5 mLと20X PBS 0.5 mLを精製水 (dH2O) 9.0 mLに加えて混ぜ合わせてください。スターラーで撹拌しながら、Triton™ X-100 30 µLを加えてください。
  5. 抗体希釈バッファー ​(1X PBS/1% BSA/0.3% Triton™ X-100):10 mLを用意する場合は、Triton™ X-100 30 μLを1X PBS 10 mLに加えてください。混ぜ合わせた後、BSA (9998​) 0.1 gを加えてよく混ぜ合わせてください。
  6. Prolong® Gold AntiFade Reagent (#9071)、Prolong® Gold AntiFade Reagent with DAPI (#8961)

B. 試料作製 - 培養細胞株 (IF-IC)

注意:マルチウェルプレート、チャンバースライドあるいはカバーガラス上で直接細胞を培養、薬剤処理、固定および染色してください。

  1. 培地を吸引除去し、4%ホルムアルデヒド (1X PBSで希釈) を細胞が2 - 3 mm浸る程度に加えてください。注意:ホルムアルデヒドは毒性があるので、ドラフトチャンバー内で使用してください。
  2. 細胞を室温で15分間固定してください。
  3. 固定液を吸引除去し、1X PBSで各5分間、3回すすいでください。
  4. 免疫染色操作に進んでください (セクションC)。

C. 免疫染色

注意:特に指定がなければこれ以降のインキュベーションは室温で行い、乾燥と蛍光色素の退色防止のため、遮光湿潤箱や蓋付きのディッシュ/プレートを使用してください。

  1. メタノール透過化の手順:細胞を氷冷した100%メタノールで覆い (3 - 5 mmまで完全に浸る程の十分量のメタノールを使用し、絶対に乾かさないでください)、メタノール中で-20°Cに、10分間インキュベートし、1X PBSで5分間すすいでください。
  2. ブロッキングバッファーでサンプルを60分間ブロッキングしてください。
  3. ブロッキングしている間に、データシートの記載に従って一次抗体を抗体希釈バッファーで希釈してください。
  4. ブロッキング液を吸引除去し、希釈した一次抗体を加えてください。
  5. 4℃で一晩インキュベートしてください。
  6. 1X PBSで各5分間、3回すすいでください。
  7. Prolong® Gold Antifade Reagent (#9071)、またはProlong® Gold AntiFade Reagent with DAPI (#8961) を添加し、カバーガラスで覆ってください。
  8. 最良の結果を得るために、直ちに適切な励起波長で染色像を観察してください。スライドを長期保存する際は、4°C、暗所で水平にして保存してください。

更新:2006年11月

改訂日:2010年12月

Protocol Id: 220

フローサイトメトリー (メタノールによる透過化プロトコール、直接標識した一次抗体)

A. 溶液および試薬

本プロトコールに必要なすべての試薬は、Intracellular Flow Cytometry Kit (Methanol) #13593でまとめてセットとしてご購入いただけます。下に記載されているカタログ番号から個別にご購入いただくこともできます。

注意​:溶液は、RODI (逆浸透膜濾過脱イオン) 水もしくは同等の精製水で調製してください。

  1. 1X Phosphate Buffered Saline (PBS):1X PBSを1L調製する場合は、10X PBS (#12528) 100 mLを精製水900 mLに加え、混ぜ合わせてください。
  2. 4%ホルムアルデヒド、メタノール不含 (#47746)
  3. 100% Methanol (#13604):使用前に氷冷してください
  4. 抗体希釈バッファー:調製済みのFlow Cytometry Antibody Dilution Buffer (#13616) を購入いただくか、ウシ血清アルブミン (BSA) (#9998) 0.5 gを100 mLの1X PBSに溶解して0.5%のBSA PBSバッファーを調製してください。4℃で保存してください。

注意:実験に蛍光細胞染色色素 (生死判別色素、DNA色素など) を使用する場合は、色素の製品ページの推奨プロトコールを参照してください。フローサイトメトリーでの使用が検証済みの細胞染色色素の一覧はwww.cellsignal.com/flowdyesをご覧ください。

B. 固定

注意:接着細胞や組織は固定操作の前に十分に解離させ、単一細胞の懸濁液にする必要があります。

注意:遠心分離の最適条件は細胞のタイプと試薬の容量によって異なります。一般的には、150-300 gで1-5分間で細胞を十分にペレット化することができます。

注意​:全血を用いる場合は、固定の前に赤血球を溶解し、遠心分離により洗ってください。

注意:CDマーカーやその他細胞外タンパク質を標的とする抗体について、エピトープがホルムアルデヒドやメタノールで破壊される場合は、抗体反応を固定操作の前に行うことがあります。この場合、抗体が標的に結合したままの状態で固定と透過化プロセスを行います。ただし、一部の蛍光色素 (PEやAPC) はメタノールで損傷を受けますので、透過化の前に加えないでください。初めて行う実験については、スモールスケールで予備実験を行うことをお勧めします。

  1. 遠心分離して細胞をペレット化し、上清を除去してください。
  2. 100万細胞当たり100 µLの4%ホルムアルデヒドを加え、再懸濁してください。個々の細胞どうしがクロスリンクされないように、ペレットをよくほぐしてください。
  3. 室温 (20-25℃) で15分間固定してください。
  4. 1X PBSをさらに加えて遠心分離し、細胞を洗ってください。上清は適切な廃棄容器に捨ててください。細胞を1X PBS 0.5-1 mLで再懸濁してください。透過化の手順に進んでください。
    1. または、1X PBSに懸濁した細胞を4°Cで一晩保存することもできます。

C. 透過化処理

  1. 予め冷やした細胞へ、穏やかにボルテックスしながら終濃度が90%になるように氷冷した100%メタノールをゆっくりと加えてください。
  2. 氷上に最低10分間静置し、透過化してください。
  3. 免疫染色 (セクションD) を進めるか、細胞を90%メタノール中で-20°Cで保存してください。

D. 免疫染色

注意​:血球計算盤または代替の方法により細胞数を測定してください。

  1. 必要な細胞数をチューブかウェルに分注してください。(通常、アッセイごとに5x105-1x106細胞が必要です。)
  2. 過剰量の1X PBSで細胞を洗浄し、メタノールを除いてください。上清は適切な廃棄容器に捨ててください。必要に応じて洗浄を繰り返してください。
  3. 細胞を一次抗体反応液100 µLに再懸濁してください。(一次抗体反応液は抗体原液を抗体希釈バッファーで希釈して調製してください。希釈率は製品データシートの推奨希釈率に従うか、タイトレーションを行って決定してください。)
  4. 室温で1時間インキュベートしてください。遮光してください。
  5. 抗体希釈バッファーまたは1X PBS中で遠心分離して洗浄してください。上清を捨ててください。洗浄操作をもう一度繰り返してください。
  6. 細胞を1X PBS 200-500 µLに再懸濁し、フローサイトメーターで解析してください。

更新:2009年7月

改訂日:2019年8月

Protocol Id: 407

特異性 / 感度

β-Actin (13E5) Rabbit mAb (Alexa Fluor® 647 Conjugate) detects endogenous levels of total β-actin protein. This antibody may cross-react with the γ-actin (cytoplasmic isoform). It does not cross-react with α-skeletal, α-cardiac, α-vascular smooth, or γ-enteric smooth muscle isoforms.

Species Reactivity:

ヒト, マウス, Rat, Monkey, Bovine, Pig

Species predicted to react based on 100% sequence homology:

Hamster, Chicken, Dog, Horse

使用抗原 / 精製方法

Monoclonal antibody is produced by immunizing animals with a synthetic peptide corresponding to residues near the amino terminus of human β-actin protein.

バックグラウンド

Actin, a ubiquitous eukaryotic protein, is the major component of the cytoskeleton. At least six isoforms are known in mammals. Nonmuscle β- and γ-actin, also known as cytoplasmic actin, are predominantly expressed in nonmuscle cells, controlling cell structure and motility (1). α-cardiac and α-skeletal actin are expressed in striated cardiac and skeletal muscles, respectively; two smooth muscle actins, α- and γ-actin, are found primarily in vascular smooth muscle and enteric smooth muscle, respectively. These actin isoforms regulate the contractile potential of muscle cells (1). Actin exists mainly as a fibrous polymer, F-actin. In response to cytoskeletal reorganizing signals during processes such as cytokinesis, endocytosis, or stress, cofilin promotes fragmentation and depolymerization of F-actin, resulting in an increase in the monomeric globular form, G-actin (2). The ARP2/3 complex stabilizes F-actin fragments and promotes formation of new actin filaments (2). Research studies have shown that actin is hyperphosphorylated in primary breast tumors (3). Cleavage of actin under apoptotic conditions has been observed in vitro and in cardiac and skeletal muscle, as shown in research studies (4-6). Actin cleavage by caspase-3 may accelerate ubiquitin/proteasome-dependent muscle proteolysis (6).

  1. Herman, I.M. (1993) Curr Opin Cell Biol 5, 48-55.
  2. Condeelis, J. (2001) Trends Cell Biol. 11, 288-293.
  3. Lim, Y.P. et al. (2004) Clin. Cancer Res. 10, 3980-7.
  4. Kayalar, C. et al. (1996) Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 93, 2234-8.
  5. Communal, C. et al. (2002) Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 99, 6252-6.
  6. Du, J. et al. (2004) J. Clin. Invest. 113, 115-23.

Pathways & Proteins

Explore pathways + proteins related to this product.

研究用のみ。診断手順では使用しません。

Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
The Alexa Fluor dye antibody conjugates in this product are sold under license from Life Technologies Corporation for research use only, except for use in combination with DNA microarrays. The Alexa Fluor® dyes (except for Alexa Fluor® 430 dye) are covered by pending and issued patents. Alexa Fluor® is a registered trademark of Molecular Probes, Inc.

Powered By OneLink