ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>
58970
Iba1/AIF-1 (E5N4J) Mouse mAb (IHC Formulated)
一次抗体
モノクローナル抗体

Iba1/AIF-1 (E5N4J) Mouse mAb (IHC Formulated) #58970

Reviews ()
Citations (0)
Filter:
  1. IHC

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human neuroendocrine carcinoma of the lung using Iba1/AIF-1 (E5N4J) Mouse mAb (IHC Formulated) performed on the Leica® BOND™ Rx.

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human ovarian clear cell carcinoma using Iba1/AIF-1 (E5N4J) Mouse mAb (IHC Formulated) (left) or Iba1/AIF-1 (E4O4W) XP® Rabbit mAb #17198 (right) performed on the Leica® BOND™ Rx. These two antibodies detect independent, unique epitopes on human Iba1/AIF-1 protein. 両方の抗体で得られた染色のパターンが類似しており、これが染色の特異性を確認するのに役立ちます。

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded normal human brain using Iba1/AIF-1 (E5N4J) Mouse mAb (IHC Formulated).

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded THP-1 cell pellet (left, positive) or SH-SY5Y cell pellet (right, negative) using Iba1/AIF-1 (E5N4J) Mouse mAb (IHC Formulated).

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human colon adenocarcinoma using Iba1/AIF-1 (E5N4J) Mouse mAb (IHC Formulated) (left) compared to concentration-matched Mouse (G3A1) mAb IgG1 Isotype Control #5415 (right).

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human mucoepidermoid carcinoma of the larynx using Iba1/AIF-1 (E5N4J) Mouse mAb (IHC Formulated).

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human non-Hodgkin's lymphoma using Iba1/AIF-1 (E5N4J) Mouse mAb (IHC Formulated) performed on the Leica® BOND™ Rx.

To Purchase # 58970S
製品番号 サイズ 価格 在庫
58970S
100 µl

Supporting Data

REACTIVITY H
SENSITIVITY Endogenous
MW (kDa)
Source/Isotype Mouse IgG1, kappa

Application Key:

  • W-Western
  • IP-Immunoprecipitation
  • IHC-Immunohistochemistry
  • ChIP-Chromatin Immunoprecipitation
  • IF-Immunofluorescence
  • F-Flow Cytometry
  • E-P-ELISA-Peptide

Species Cross-Reactivity Key:

  • H-Human
  • M-Mouse
  • R-Rat
  • Hm-Hamster
  • Mk-Monkey
  • Mi-Mink
  • C-Chicken
  • Dm-D. melanogaster
  • X-Xenopus
  • Z-Zebrafish
  • B-Bovine
  • Dg-Dog
  • Pg-Pig
  • Sc-S. cerevisiae
  • Ce-C. elegans
  • Hr-Horse
  • All-All Species Expected

製品概要

アプリケーション 希釈率
IHC-Leica® Bond™ 1:100 - 1:400
免疫組織化学染色プロトコール (パラフィン切片) 1:100 - 1:400

保存

Supplied in 10 mM sodium HEPES (pH 7.5), 150 mM NaCl, 100 µg/ml BSA, 50% glycerol and less than 0.02% sodium azide. Store at –20°C. Do not aliquot the antibody.

プロトコール

印刷する

View >Collapse >

免疫組織化学染色 (Leica® BOND™)

注意:適切な抗体希釈率は、各製品のデータシートまたはウェブの製品ページを参照してください。

  手順 試薬 時間/温度
1 脱パラフィン BOND™ Dewax Solution、100% Alcohol、BOND™ Wash Solution Leica® BOND™プログラム前 
2 抗原賦活化  BOND™ Epitope Retrieval ER2 Solution 20分、100˚C | プロトコール:ER2でHIER 20分
3 ペルオキシドのブロッキング Polymer Refine Detection Kit Peroxide Block* 5 分
  洗浄 BOND™ Wash Solution  3x分
4 タンパク質ブロッキング (オプション) NGS #5425またはAnimal-Free Blocking Solution #15019   20 分 
5 一次抗体^ SignalStain® Antibody Diluent #8112で希釈 30 分 
  洗浄 BOND™ Wash Solution  3x 2:00 分
6 Post Primary Mouse Linker Polymer Refine Detection Kit Post Primary*  10 分 
  洗浄 BOND™ Wash Solution  3x 2:00 分
7 二次検出 Polymer Refine Detection Kit Polymer*  10 分 
  洗浄 BOND™ Wash Solution/Deionized Water カスタム (下記参照)
8a 可視化 Polymer Refine Detection Kit Mixed DAB Refine*  X​ 分 
8b 可視化 Polymer Refine Detection Kit Mixed DAB Refine*  10 分 
  洗浄 Deionized Water 3x分
9 対比染色 Polymer Refine Detection Kit Hematoxylin*  5 分 
  洗浄 Deionized Water X​ 分 
  洗浄 BOND™ Wash Solution  X​ 分 
  洗浄 Deionized Water X​ 分 
10 脱水 (発色後処理)    
  95%エタノールで切片を各10秒間ずつ、2回インキュベートしてください。  
  100%エタノールで切片を各10秒間ずつ、2回インキュベートしてください。  
  キシレンで切片を各10秒間ずつ、2回インキュベートしてください。  
11 切片をSignalStain® Mounting Medium #14177とカバースリップで封入してください。  
       
  (オプション) カスタム洗浄: BOND™ Wash Solution 2:00分
    BOND™ Wash Solution ディスペンサータイプ:オープン 0:00分
    BOND™ Wash Solution 2:00分
    BOND™ Wash Solution ディスペンサータイプ:オープン 0:00分
    BOND™ Wash Solution 0:00分
    Deionized Water 0:00分

*試薬は BOND™ Polymer Refine Detection キット (カタログ番号:DS9800) に含まれています。

LEICA® is a registered trademark of Leica Microsystems IR GmbH.

BOND™ is a trademark of Leica Biosystems Melbourne Pty. CSTとLeica Microsystems IR GmbH、Leica Biosystems Melbourne Pty. Ltd. の間に業務提携やスポンサー関係はありません。

更新:2018年8月

改訂日:2018年9月

Protocol Id: 1445

免疫組織化学染色プロトコール (パラフィン切片)

A. 溶液および試薬

注意​:溶液は、RODI (逆浸透膜濾過脱イオン) 水もしくは同等の精製水で調製してください。

  1. キシレン
  2. エタノール、無水変性、病理学グレード (100%および95%)
  3. 脱イオン水 (dH2O)
  4. ヘマトキシリン (オプション)
  5. 洗浄バッファー
    1. 1X Tris Buffered Saline with Tween® 20 (TBST)​:1X TBST 1 Lを調製する場合は、10X Tris Buffered Saline with Tween® 20 (#9997) 100 mLを精製水 (dH20)​ 900 mLに加え、混ぜ合わせてください。
  6. SignalStain® Antibody Diluent (#8112)
  7. 1X クエン酸賦活化液:250 mLを調製する場合は、SignalStain® Citrate Unmasking Solution (10X) (#14746) 25 mLを精製水 (dH2O) 225 mLで希釈してください。
  8. 3%過酸化水素水​:100 mLを調製する場合は、30%過酸化水素水 (H2O2) 10 mLを精製水 (dH2O) 90 mLに加えてください。
  9. ブロッキング液​:5%正常ヤギ血清/TBSTまたは1X Animal-Free Blocking Solution
    1. TBST/5%正常ヤギ血清:Normal Goat Serum (#5425) 250 µLを1X TBST 5 mLに加えてください。
    2. 1X Animal-Free Blocking Solution:Animal-Free Blocking Solution (5X) (#15019) 1 mLを精製水 (dH2O) 4 mLに加えてください。
  10. ​検出システム​:SignalStain® Boost IHC Detection Reagents (HRP, Mouse #8125)
  11. ​発色基質​:SignalStain® DAB Substrate Kit (#8059)
  12. ヘマトキシリン:Hematoxylin (#14166)
  13. ​封入剤:SignalStain® Mounting Medium (#14177)

B. 脱パラフィン/再水和

注意:操作の間は、常にスライドを乾かさないようにしてください。

  1. 切片の脱パラフィン/水和:
    1. キシレンで切片を各5分間、3回インキュベートしてください。
    2. 100%エタノールで切片を各10分間、2回インキュベートしてください。
    3. 95%エタノールで切片を各10分間、2回インキュベートしてください。
  2. 精製水 (dH2O) で切片を各5分間、2回洗ってください。

C. 抗原賦活化

クエン酸バッファーの場合:切片を1X クエン酸賦活化液に浸漬した状態で、沸騰し始めるまで電子レンジで加熱し、沸騰直前の温度 (95°-98°C) を10分間維持してください。スライドを実験台で30分間冷却してください。

D. 染色

  1. 精製水 (dH2O) で切片を各5分間、3回洗ってください。
  2. 3%過酸化水素で切片を10分間インキュベートしてください。
  3. 精製水 (dH2O) で切片を各5分間、2回洗ってください。
  4. 洗浄バッファーで切片を5分間洗ってください。
  5. ブロッキング液100​-400 μLで各切片を室温で1時間ブロッキングしてください。
  6. ブロッキング液を除去し、SignalStain®​ Antibody Diluent (#8112) で希釈した一次抗体100-400 μLを各切片に加えてください。4℃で一晩インキュベートしてください。
  7. SignalStain® Boost Detection Reagent (HRP, Mouse #8125) を室温に戻してください。
  8. 抗体液を除去し、洗浄バッファーで切片を各5分間、3回洗ってください。
  9. 1-3​滴のSignalStain® Boost Detection Reagent (HRP, Mouse #8125) で切片を覆ってください。加湿チャンバー内 (室温) で30分間インキュベートしてください。
  10. 洗浄バッファーで切片を各5分間、3回洗ってください。
  11. 使用前にSignalStain® DAB Chromogen Concentrate 1滴 (30 µL) をSignalStain® DAB Diluent 1 mLに加え、よく混ぜ合わせてください。
  12. 調製したSignalStain® DAB溶液 100-400 µLを各切片に加え、注意深く観察してください。通常は1-10分で十分な染色強度が得られます。
  13. スライドを精製水 (dH2O) に浸してください。
  14. 必要に応じて、Hematoxylin (#14166) で切片を対比染色してください。
  15. 精製水 (dH2O) で切片を各5分間、2回洗ってください。
  16. 切片を脱水してください:
    1. 95%エタノールで切片を各10秒間、2回インキュベートしてください。
    2. 100%エタノールで切片を各10秒間、2回インキュベートしてください。
    3. キシレンで切片を各10秒間、2回インキュベートしてください。
  17. カバーガラスとMounting Medium (#14177) で切片を封入してください。

検出試薬と基質の互換性
RECOMMENDED
DETECTION REAGENTS
SignalStain® Boost IHC Detection Reagent (HRP, Mouse) #8125 SignalStain® Boost IHC Detection Reagent (AP, Mouse) #31926
COMPATIBLE
CHROMOGEN
SignalStain® DAB Substrate Kit #8059 SignalStain® Vibrant Red Alkaline Phosphatase Substrate Kit #76713
SignalStain® Vivid Purple Peroxidase Substrate Kit #96632  

注意:このプロトコールで指定されているもの以外の検出試薬を使用する場合は、その検出試薬の感度が異なることを考慮して、一次抗体をさらに最適化する必要があります。


更新:2010年2月

改訂日:2020年4月

Protocol Id: 280

特異性 / 感度

Iba1/AIF-1 (E5N4J) Mouse mAb (IHC Formulated) recognizes endogenous levels of total Iba1/AIF-1 protein.

Species Reactivity:

ヒト

Species predicted to react based on 100% sequence homology:

ヒト

使用抗原 / 精製方法

Monoclonal antibody is produced by immunizing animals with a synthetic peptide corresponding to residues surrounding Leu32 of human Iba1/AIF-1 protein.

バックグラウンド

Ionized calcium-binding adaptor molecule 1 (Iba1), also known as allograft inflammatory factor 1 (AIF-1), is an evolutionarily conserved cytoplasmic calcium binding protein containing a central pair of EF-hand calcium binding motifs (1,2). Iba1/AIF-1 was originally cloned from activated macrophages in human atherosclerotic allogenic heart grafts undergoing chronic transplant rejection as well as from rat monocytes (3,4). Its function is not very well understood, but Iba1/AIF-1 expression is upregulated in response to interferon-gamma and, therefore, could modulate macrophage-dependent immune response (3). As an F-actin-binding protein, Iba1/AIF-1 may function to remodel the actin cytoskeleton and contribute to morphological changes that correlate with various microglial/macrophage states (5). Iba1/AIF-1 is also uniquely expressed in cells of monocytic lineage and is, therefore, widely used as a marker for microglia/macrophages in the brain and other tissue (6).

  1. Schulze, J.O. et al. (2008) FEBS J 275, 4627-40.
  2. Deininger, M.H. et al. (2002) FEBS Lett 514, 115-21.
  3. Utans, U. et al. (1995) J Clin Invest 95, 2954-62.
  4. Imai, Y. et al. (1996) Biochem Biophys Res Commun 224, 855-62.
  5. Kanazawa, H. et al. (2002) J Biol Chem 277, 20026-32.
  6. Ito, D. et al. (1998) Brain Res Mol Brain Res 57, 1-9.

Pathways & Proteins

Explore pathways + proteins related to this product.

研究用のみ。診断手順では使用しません。

Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
SignalStain is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
XPはCell Signaling Technology, Inc.の商標です。
BOND is a trademark of Leica Biosystems Melbourne Pty. Ltd. No affiliation or sponsorship between CST and Leica Microsystems IR GmbH or Leica Biosystems Melbourne Pty. Ltd is implied.
LEICA is a registered trade​mark of Leica Microsystems IR GmbH.

Powered By OneLink