ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

SimpleChIP®キット

ソニケーション法または酵素法:CSTは、どちらの方法もサポートするキットをご用意しています

ソニケーション処理は、ChIPのクロマチン調製によく用いられる方法です。しかしながらほとんどのプロトコールでは、クロマチンを過酷な変性条件 (高熱、界面活性剤、せん断力など) にさらす必要があり、抗体エピトープとクロマチンの完全性が損なわれてしまう恐れがあります。

CSTは従来のソニケーション処理プロトコールの問題を避けるために、複数のオプションを提供します:

  • ​ソニケーション法: CSTのソニケーションプロトコールは、特別に調製された細胞と核の溶解バッファーを用いています。この方法は、クロマチンの完全性と抗体エピトープを保護することによりChIP効率を向上させ、変化しやすくDNAとの相互作用が不安定な転写因子や転写コファクターでも使用できるようになりました。
  • 酵素法​:酵素処理は、ソニケーション処理とは別のもう一つのクロマチン断片化手法であり、多様な標的のChIPに対応し、転写因子および転写コファクターの免疫沈降にも非常に適しています。この方法は、ヌクレオソームの間のリンカー領域の切断にMicrococcal Nucleaseを用います。クロマチンおよび抗体エピトープをコントロールして断片化や変性から保護することが容易であるために、ChIPを初めて行う方にとって理想的なオプションです。

ソニケーションまたは酵素消化のSimpleChIPキットは、ヒストンの解析では従来のソニケーションと同様にワークし、転写因子や転写コファクターの解析では従来のソニケーションよりも優れています。 従来型のソニケーション法 vs. CSTが最適化したソニケーション法と酵素法

クロマチンをクロスリンクし、Micrococcal Nuclease (CSTの酵素消化:青)、CSTのソニケーションバッファー (赤)、または従来のソニケーションバッファー (緑色) で断片化し、記載された抗体を用いて免疫沈降しました。DNAは、SimpleChIP® Plus Enzymatic Chromatin IP Kit (Magnetic Beads) #9005のプロトコールに従って調製し、シーケンシングに使用しました。

製品番号 製品名 アプリケーション サンプル (細胞/組織)
#56383 SimpleChIP® Plus Sonication Chromatin IP Kit (Magnetic Beads) ChIP、ChIP-seq 細胞と組織
#9005 SimpleChIP® Plus Enzymatic Chromatin IP Kit (Magnetic Beads) ChIP、ChIP-seq 細胞と組織
#9003 SimpleChIP® Enzymatic Chromatin IP Kit (Magnetic Beads) ChIP、ChIP-seq 細胞
#9004 SimpleChIP® Plus Enzymatic Chromatin IP Kit (Agarose Beads) ChIP 細胞と組織
#9002 SimpleChIP® Enzymatic Chromatin IP Kit (Agarose Beads) ChIP 細胞
#81804 SimpleChIP® Sonication Cell and Nuclear Lysis Buffers ChIP、ChIP-seq 細胞と組織
#14282 SimpleChIP® Enzymatic Cell Lysis Buffers A & B ChIP、ChIP-seq 細胞と組織
#14231 SimpleChIP® Chromatin IP Buffers ChIP、ChIP-seq 細胞と組織
#14209 SimpleChIP® DNA Purification Buffers and Spin Columns ChIP、ChIP-seq 細胞と組織
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink