COVID-19の影響について | 詳細はこちら >>

免疫蛍光染色

Cell Signaling Technology (CST) は、社内の免疫蛍光染色 (IF) グループによって厳格に検証された抗体を提供しています。最高輝度のシグナルと可能な限り暗いバックグラウンドをもたらす特異的抗体を、お客様に提供することを目指しています。すべてのIF検証済み抗体で、局在を明確に示す像が得られ、優れたパフォーマンスをもつ製品を、お客様にお届けすることを目指しています。CSTはIF解析用に最適化したAlexa Fluor®標識抗体も提供しています。CSTのIF検証済みの抗体は、がんやその他疾患に関連するタンパク質の活性化状態の検出や、シグナル伝達経路の特性解析に使用可能なパワフルなツールです。すべてのIF検証済み抗体は、ハイコンテントスクリーニングに適用が可能で、いくつかのIF検証済み抗体は*In-Cell Western™に使用することもできます。

ご質問がありましたら、テクニカルサポートチームまでお問い合わせください

CSTは、徹底した検証プロトコールに則って、特異的で信頼性の高い抗体をご提供しており、お客様に、再現性が高く意義深いデータを、安定して取得していただけるよう尽力しています。

検証:CST抗体は、推奨バッファーとプロトコールを用いて、至適希釈率でご使用いただくことが推奨されています。適切なモデルシステムや実験条件を検証する、様々な試験でデータが得られています。

プロトコール:CSTでは詳細なプロトコールを提供しており、お客様はすぐに実験を始めることができるため、時間と試薬を節約することができます。

テクニカルサポート 研究室にいらっしゃるお客様が必要なサポートを提供するため、CSTの知識豊富なテクニカルサポートの科学者が、お客様からのEメールや電話に対応いたします。

LAMPの IFデータ

LAMP1 (D2D11) XP® Rabbit mAb #9091 (緑) を用いた、HeLa細胞の共焦点免疫蛍光染色による解析。アクチンフィラメントをDY-554 phalloidin #13054 (赤) で染色しました。また、DNAをDRAQ5® #​4084で染色して青の疑似カラーで示しました。

PCNAのIFデータ

PCNA (D3H8P) XP® Rabbit mAb #13110 (緑) およびβ-Actin (8H10D10) Mouse mAb #3700 (赤) を用いた、HeLa細胞の共焦点免疫蛍光染色による解析。

Powered By OneLink