ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

混合形質型白血病 (MLL)

混合形質型白血病は、パートナータンパク質と融合タンパク質を形成するMLL (mixed lineage leukemia) 遺伝子の染色体転座によって特徴づけられます。これらのMLL融合パートナーの多くは、転写伸長の調節に関与する転写伸長因子複合体の構成因子です。MLL融合タンパク質は、発がん遺伝子やがん抑制遺伝子の異常な転写調節を引き起こして発がんを開始する、発がん性転写因子を形成します。

以下の標的から始めませんか?

MLL1

MLL1は2つのポリペプチドにプロセシングされますが、両方とも野生型MLL複合体のサブユニットです。MLL1のN末端側は、白血病誘発を起こす融合タンパク質に含まれています。野生型MLL1の検出にはC末端特異的な抗体、MLL融合タンパク質の検出にはN末端特異的な抗体の使用を推奨します。

MLL 図 1

MLL1野生型 (WT) およびノックアウト (KO) マウス胚性線維芽細胞 (MEF) の抽出物を、MLL1 (D6G8N) Rabbit mAb (Carboxy-terminal Antigen) (上) およびα-Actinin (D6F6) XP® Rabbit mAb #6487 (下) を用いてウェスタンブロッティングで解析しました。MLL1 WT MEFとMLL1 KO MEFは、ノースウェスタン大学のAli Shilatifard博士のご厚意により提供いただきました。

DOT1L

DOT1Lは、転写伸長因子複合体のMLL転座パートナーと相互作用し、MLLによる白血病誘発に必要です。DOT1Lは、ヒストンH3のLys79のメチ​​ル化を通じて遺伝子発現を促進すると考えられています。

製品
DOT1L (D1W4Z) Rabbit mAb #77087 – WB、IP、ChIP
MLL 図 2

クロスリンクさせた293T細胞由来のクロマチンに、DOT1L (D1W4Z) Rabbit mAbあるいはNormal Rabbit IgG #2729のいずれかを用いて、SimpleChIP® Plus Enzymatic Chromatin IP Kit (Magnetic Beads) #9005を使用してクロマチン免疫沈降を実施しました。濃縮したDNAは、SimpleChIP Human PabPC1 Exon 1 Primers #77410、Human RPLP0 Exon 2 Primers、SimpleChIP Human α Satellite Repeat Primers #4486を使用して、リアルタイムPCRによって定量しました。各サンプルの免疫沈降されたDNAの量を、Inputクロマチンの総量 (1に相当) に対する相対量で示しました。

p300とCBP

p300とCBPは、ヒストンのアセチル化を介して遺伝子発現を促進する、付加的なMLL融合タンパク質です。

製品
p300 (D8Z4E) Rabbit mAb #86377 – WB, IP, IF, IHC
p300 (D2X6N) Rabbit mAb #54062 – WB, IP, ChIP, ChIP-seq
MLL 図 3

クロスリンクさせたK-562細胞由来のクロマチンに、SimpleChIP® Plus Enzymatic Chromatin IP Kit (Magnetic Beads) #9005を使用して、p300 (D2X6N) Rabbit mAbを用いてクロマチン免疫沈降を実施しました。SimpleChIP® ChIP-Seq DNA Library Prep Kit for Illumina® #56795を使用して、ChIP-seqで濃縮したChIP DNA 5 ngからDNAライブラリーを調製し、Illumina NextSeqでシーケンスしました。この図は、FDPS遺伝子全体の結合を示しています。

CBP (D6C5) Rabbit mAb #7389 – WB, IP, IF, ChIP, ChIP-seq
ヒストン修飾

ChIP/ChIP-seqによって検出されるこれらマークのレベルの変化は、MLL1、DOT1L、およびCBP/p300の標的遺伝子への結合の変化を示していることがあります。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink