ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

マルチプレックスIHCを用いて組織サンプル内の複数のマーカーを多重解析する方法

マルチプレックスIHCを行うことで、複数の標的分子について、共発現や空間的な配置の情報を組織構造の保持された検体から得ることができ、これらの理解を深めるのに役立てることができます。これは特に組織サンプルの量に制限があるときに有効です。

がん免疫の研究では、腫瘍微小環境内の免疫細胞のサブセットやがん細胞を分類することが必要になるため、複数の標的を同時に可視化できるという実験の特性が非常に重要になります。

信頼性があるIHC検証済み抗体がマルチプレックスIHCアッセイの中核を成します

マルチプレックスIHCにおいて信頼できる結果を得るためには、単色/二色の発色法を用いたIHCアプローチと同様に、適切な標的に対する検証済みの抗体を用いることが極めて重要です。さらにマルチプレックスアッセイには、抗体の選択と使用に重要なプロトコールと技法的検討事項があります。

マルチプレックスIHCアッセイの追加情報、最新のアプリケーションノートをこちらからダウンロードできます

マルチプレックスのオプション

豊富な社内検証と高度なテクニカルサポートにより、CSTのIHC-P検証済み抗体はすべて、マルチプレックスIHCの各種手法に使用することができます。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink